企業の存続が難しいとき

M&Aの一つとして事業承継があります

日本の中小企業は優れた技術を持っており、世界にも誇れるものです。近年、中小企業の技術でロケットを打ち上げようという話もありました。ぜひ成功させて欲しいと思います。この様な優秀な技術を持つ日本の中小企業ですが、大きな問題を抱えています。それは、人手不足と後継者不足です。特に後継者問題は深刻で、会社の経営者の高齢化が進むのに後継がいないという会社の存続に係わる問題です。日本の優秀な技術がこのまま消えていっては大きな損失です。この問題を解決する方法として、M&Aによる事業承継が挙げられます。M&Aによる事業承継を仲介してくれる業者もあり、成功事例は多々あるので、後継者問題で悩んでいる経営者の方は検討してはいかがでしょうか。

M&Aによる事業承継のメリット

M&Aによる事業承継のメリットは、なんといっても会社の存続ができることです。これにより従業員の雇用を守ることができます。次に、後世まで伝えなければならないような日本の優秀な技術力が守られます。資金繰りの悪化で存続が危ない場合も、回避することができます。また、M&Aによる事業承継によって事業がさらに拡大でき、利益が生まれや新しい技術も生み出されます。例えばAという会社の優秀な技術力と製品がBという会社の大きな販売チャネルに乗れば事業拡大が期待できるし、二つの会社の技術力が合体すればさらに新しい優秀な技術が生まれます。
単なる買収とは捉えずに、双方にメリットが大きいM&Aによる事業承継を進めれば、会社も守れて日本の工業も守れます。